守秘義務は守ります。
現在の症例は患者さんより承諾を得て氏名を好評していません。

1、ご連絡或はご来店

初めての方は、気が引けてしまうかもしれませんね。
お電話で声から初めてみてはいかがでしょうか?
初めてのご来店される方は、10分から1時間程お時間を頂きます。
病いの原因・病気の発生時期・既往歴・生活環境等を
お聞きいたしますので、お時間を頂きたいと思います。

2、カウンセリングを致します。

まず、ご来店頂いた方のお話しを伺います。
病歴・お飲み頂いているお薬・今までにお飲みになった事がある漢方薬が判りましたら、伺います。
漢方は、四診(問診・切診・聞診・舌診)という
4つの診断方法でお身体の状態を把握します。
伺ったお話の他にも身体全体の状態を伺ったり、
舌を見せて頂いただきます。

3、お薬をお選び致します。

伺った内容からお薬を選びます。
煎じ薬や市販のお薬のみしかないお薬もございますが、
通常は煎じ薬か顆粒剤か錠剤を選んで頂きます。
※粉薬はお薬によりますが、煎じ薬と同等の効果がございます。
煎じ薬

 4、お薬をお作りいたします。

※煎じ薬は、多種の生薬(漢方薬の原料)を1種類ずつ1日分単位でお作りするため、
10分から2時間(日数により)お時間を頂いております。
後ほどご来店いただくか2回目以降はお電話にてご相談後、お作りしてご用意できます。

小石川三好漢方薬局の煎じ薬の作り方

①舟
(1日分の生薬をまとめる入れ物)
を日数分用意する。
右写真の煎じる前のお薬の白い容器です。

②お薬に入っている生薬
(例えば、葛根湯であれば、7種類の生薬)
を1種類ずつ舟に計って、入れていく。

7種類×日数分
(例えば、7日分ですと7種類×7日=49回計る。)

これは、1日分の生薬のバラツキをなくし、
間違いがないようにするためです。
お時間を頂き、ご迷惑をおかけ致しますが、ご了承ください。

③薬袋に1日分のお薬を入れる。

※顆粒剤は10分程お時間を頂きます。(在庫がある場合)
※錠剤はお取り寄せになる事が多いので、お時間をいただきたいと思います。

5、お薬の説明

お作りしたお薬の説明をさせて頂きます。
ご相談される方が納得いくまで説明させていただきます。

6、アフタフォロー

お薬の飲み方、煎じ薬(煮出すお薬)の作り方、お飲みになった体調等、ご相談できます。
お薬を飲んでからの体調や不安等、新しくお飲みになるお薬との併用のご相談も承ります。
夜10時まで携帯電話に転送されますので、急なご相談もできます。また、ご要望の方には、ご連絡のできるお時間でご連絡させて頂き、ご相談させていただきます。