令和3年7月のご相談です。

8月1日(日曜日)
こんにちは。
本日の後楽園は、蒸し暑い一日になりそうです。
先月のご相談は、こちらになります。
先月の特徴として発熱や痛みを同時に発症した方が多くいらっしゃいました。
今月も一人一人一人とお会いしてお話しして、しっかりご相談を承りたいと思います。

令和3年7月22日は大暑です。

令和3年7月22日は大暑です。 | 小石川三好漢方薬局
#post_content7月22日(木曜日) こんにちは。 本日は、二十四節気の「大暑」になります。 1年で一番暑い季節になります。 夏は、体温を維持するのに汗などで放熱しなければいけません。 放熱するとまず、身体の中にあある消化器系が放熱して冷えてきます。 夏に冷たいものを取ると更に消化器系が冷えて機能が低下します。 熱中症や感染症法対策をして乗り切りましょう。

陰暦6月の養生です。

7月12日(月曜日)
こんにちは。
今朝の後楽園は青空が広がっています。
夜から天候が不安定になるようです。
遅くなりましたが、陰暦6月(7月10日より8月7日)の養生はこちらになります。
茱萸(山茱萸、グミの実)を食べすぎると神気を損なうと言います。つまり、諸々の働きが鈍くなる事があるようです。
今月だけの養生ですので、他の月は問題ありません。
皆様のご健康を願っています。
本日も一人一人を大切にご相談を承ります。
 

令和3年7月7日は「小暑」です。

7月7日(水曜日)
雨が降ったり止んだりの後楽園です。
本日は、二十四節気の「小暑」です。
日増しに暑さが加わり本格的な夏が来る頃で蓮の花が咲き始める頃になります。
暑くなると特に汗のかき方が大切になります。
東洋医学では、汗をかくということがとても大切になります。
体液(東洋医学では津液と言います)は、血液を含めて女性で体重の約65%男性で約60%と言われています。
その中で、汗は気血水の調整をする大切なものと捉えます。
汗は汗腺から出ますが、汗腺から正常に出す為には「じわっ」と出す事が大切です。
大汗をかくと正常に気血水が出なくなり体に熱(発熱、炎症)が残ったり、水による浮腫が残る事や筋肉痛などの貧血状態になる事があります。
この夏を乗り切りましょうね。
ご相談は、お電話かご来局にて承ります。
メールでのご相談で不都合が出てくる事がある為、ご本人か介助されている方とお話しできればと思います。
 

令和3年6月のご相談です。

7月1日(木曜日)
今朝の後楽園は雨になりました。
大雨になる予報が出ている地域があるので心配です。
6月のご相談は、多科より頂きました。
漢方医学はバランス医学ですので、主な症状と他の症状や症状が出る前などの情報や声色や顔色などが大切になります。
西洋医学と違う視点だからこそ異なる治療で改善する事があるんです。
漢方医学は複雑で経験がとても大切です。
難解な漢方医学で今月もお役に立ちたいと思います。

令和3年6月21日 は「夏至」です。

1年で一番日脚が長く14時間以上にもなります。
東洋医学では、夏は陽中の陽ともいいその中でも一番天の気の陽が盛んになります。
血の気が暑くなるまでにはもう少し時間がかかります。
人間は、天の気と血の気や風湿燥暑寒の自然の気をいただき、食べ物によって生かされています。
新型コロナの影響もあるかと思いますが
皆様のご健康を願っています。
 

陰暦5月5日の養生。

6月14日(月曜日)
おはようございます。
今朝の後楽園は雨模様です。
本日は、陰暦の5月5日に当たります。
本日の養生は、生の野菜を食べすぎると色々な病気になる事があるようです。
夏は汗の発散により体の中が冷えます。
生の野菜は胃を冷やすのでこの日だけは、生の野菜を食べすぎないようにする事が理由に一つです。
梅雨や暑さなどに身体が順応していない時の養生かと思います。
 

陰暦5月の養生。

6月10日(木曜日)
今朝の後楽園は青空の下、暑くなっています。
本日6月10日より7月9日までは陰暦の5月になります。
この間は、韮(にら)を食べすぎると元気が減ってくるようです。
韮は、辛微温で陽気を発散すると言われ、この時期に多食すると陽気詰まりエネルギーを発散しすぎて元気が少なくなる事があると思われます。
ほどほどが宜しいようです。
本日は現在の所、午後からご予約の方が入っております。
一人一人を大切にご相談を承ります。

令和3年6月5日は「芒種」。

6月5日(土曜日)
こんにちは。
本日の後楽園は、雲がかかっていますが青空が見られます。
本日は二十四節気の「芒種」です。
禾(のぎ)のある穀物の意味で麦や稲に当たります。
麦刈りや田植えなどの農繁期の始まりです。
植物の生命を感じてみてはいかがでしょうか?
本日初めての方のご予約を1名承りました。
力になりたいと思います。
 

令和3年5月のご相談です。

先月は、辛いお気持ちをお持ちの方が多くいらしていただきました。ご予約いただき1時間お話伺い非日常のお時間をご提供して、一人一人の持っている宝物を確かめていきます。

皮膚病の方が多くいらしていただきました。初めは7日分ほどで経過を診ていただき軽減されているようでしたら、継続していただきます。殆どの症状は7日分で実感していただけるようです。

漢方医学は、心身ともにバランスを取ることと考えています。95%くらいの方が1処方つまり一つの漢方薬での症例になります。価格は殆ど価格のところを見ていだくとこちらがご参考になれると思います。

今月も一人一人のご相談を向き合いたいと思います。